ポリウレア(当社製品)

製品概要

当社のポリウレア製品は、20数年に及ぶポリウレア研究にもとづくレシピによって生産するオリジナル製品です。
製品は生産直後のフレッシュな状態で提供させていただきます。
以下に示すような種々のタイプの製品がございますが、特定用途向けにカスタム開発させていただくことも可能です。

PJ-000:高速鉄道路盤防護ポリウレア材
製品性能カタログ

PJ-001:水利業界用超耐浸食ポリウレア材
製品性能カタログ

PJ-002:電力業界用耐高温重防食ポリウレア材
製品性能カタログ

PJ-003:油石化学工業界用重防食ポリウレア材
製品性能カタログ
塗膜厚 1.75 mm以上で塗膜防水剤基準を大幅にクリア

PJ-004:鉱山設備用高耐摩耗ポリウレア材
製品性能カタログ

PJ-006:弾性防水ポリウレア材
製品性能カタログ
JIS認定(検査試験報告書)
塗膜厚 1.5 mm以上で塗膜防水剤基準を大幅にクリア
スプレー工法耐薬品浸漬試験結果報告書(検査試験報告書

PJ-007:抗菌ポリウレア材
製品性能カタログ

PJ-008:鉄筋構造用超重防食ポリウレア材
製品性能カタログ

PJ-009:装甲車車台用防撃防摩耗ポリウレア材
製品性能カタログ

PJ-010:屋上植栽用防根ポリウレア材
製品性能カタログ

PJ-011:橋梁塗装用長寿命ポリウレア材
製品性能カタログ

PJ-012:沿海堤防防護用ポリウレア材
製品性能カタログ

PJ-030:屋根用ポリウレア材
製品性能カタログ

JIS認定(検査試験報告書

PJ-040:手塗りポリウレア

ポリウレアジャパンの製品各種に
国産カスタム色をご用意する事ができました。
調色も可能です。

製品販売について


ポリウレアのスプレー施工は
  ①ポリウレア材が、高品質な原材料を使用し、レシピに基づいて正しく作られていること
  ②保管や施工時に、マニュアルに従って、材料を正しく取扱うこと
  ③所定の施工技術を持った技術者が、施工マニュアルに従って、正しく施工すること
以上の要素がすべて満たされることで、はじめて、本来の性能を発揮することができます。

材料の一部に低品質なものが混ざっていたり、混合すべき成分が不足したりしていることは論外で、水分によって性質が大きく変わってしまうA成分(イソシアネート類)などは、作業中の取扱にも十分な注意が必要です。

ポリウレアのスプレー施工は、施工初心者が、見よう見まねで施工しても、正しく施工できたように仕上がりますが、時間経過とともに正しく施工されたのか否かが施工後のライニング面で露見してきます。早ければ何時間か経過しただけで気泡による膨れが発生しますし、何十年も密着状態が保たれるはずのシートが1年か2年後には剥がれてきます。ポリウレアのスプレー施工は、そのための専門知識とそれに見合った技術の両方を備えた技術者が正しい材料を使って実施することが大前提なのです。

当社では、ポリウレア施工を十分に経験されている方以外のお客様には、当社所定のポリウレア研修を受けていただくことを前提に販売させていただきます。

資料ダウンロードページへ